第二さわらび荘(カサ ローザ):常設展示場

 

愛知県 豊橋市 野依(のより)福祉村内・「第二さわらび荘」は、特別養護老人ホームです。

最上階の5階には、ケアハウス「カサ デ ローザ」があります。「カサ デ ローザ」はスペイン語で「バラの家」という意味で、その名の通り建物全体がローズピンクで統一されています。

 

 この「第二さわらび荘」は、板倉近代美術の絵画常設展示場でもあります。絵の展示場として格好なのは、1階の地域交流センターです。広い空間で地域住民との交流を目的に造られていて、絵を掛けるにも素晴らしい壁面となっています。(画像をご覧ください。)

このケアハウスには、独自の出入口があり、そこからエレベーターまでの廊下がまさに「画廊」として造られています。ここをメインの展示場として機能させ、「絵のある暮らしのすすめ」を実行しようと考えています。

 

どなたでもお気軽にお越しください。

 

 

 

 

   

・展示作品はチャリティー価格で頒布いたします。

   ・売り上げの一部は福祉事業に寄付されます。

     お気軽にご覧ください。



 *「第二さわらび荘」の施設概要。
     小規模生活単位型特別養護老人ホーム。
     建設地・愛知県豊橋市野依町字山中19番地の17(福祉村内)
     建物構造・鉄筋コンクリート造 5階建 (耐震強化構造)
     延床面積・6428.36平方メートル
     施設種別・「全個室・ユニットケア 新型特別養護老人ホーム」
     定員・特別養護老人ホーム(2〜4階)104名(ショートスティ10名)
        ケアハウス(カサ デ ローザ)5階 16名
        地域交流センター 1階
     設置経営主体・社会福祉法人さわらび会
             電話0532-37-1209